SEM基礎 - 検索語は2語の複合語
検索エンジンで最も多いのは「2〜3語」の複合した検索語で37%、次いで「1〜2語」の31%。

[共通]
SEM・SEOとは?
SEM・SEO基礎

[SEO]
SEO対策日記
検索エンジン最適化コラム
 - UserAgentスパム
SEO強化ブログ

[PPC広告/ディレクトリ登録]
オーバーチュア広告
オーバーチュア&アドワーズの無料診断
SEMコラム
 - ディレクトリの壁

全国セミナー開催
セミナー講演依頼募集
 全国講師派遣承ります。

[その他]
用語集総合目次
SEMコンサルティング
PPCコンサルティング
書籍発売


不許複製・禁無断転載

[PR]


2017/September/24



【目次】検索エンジンの使われ方

「商品やサービスを買うときは検索エンジンを使う」と回答した297人に関して、具体的に検索エンジンをどのように使っているのかを詳しく分析してみました。

消費者が検索エンジンを使って商品やサービスを検索する時、実際にどのような検索語を使っているのでしょうか?
297件の回答のうち最も多いのは「2〜3語」の複合した検索語を用いて検索するという人で全体の37%、次いで「1〜2語」の31%となっています。平均をとると2.2語になり「消費者はだいたい2語ぐらいの検索語で調べる」と言えます。



なお、4語以上からなる検索語を使う人は6%しかいませんでした。
1語しか使わない人も4%と少数派で、検索エンジンが持つ膨大なホームページの中から1語の検索語で目的の商品やサービスを探すのは難しいということが推測できます。





サイトマップ|(C)2013 NTT DATA Smart Sourcing
検索エンジンマーケティングリスティング広告(無料診断)|SEM/SEO講座ユーザビリティネットショップ開業オンラインショップ運営講座
ショッピングカート(ショップギア®)|クレジットカード決済仕入れ/のブログ買いパラ®|アクセス解析
買いパラ研究室之印