SEM基礎 - 満足できる検索結果は熟読
2ページ目に目的のホームページを見つけ、さらに2〜3ページ先まで検索結果を読む。

[共通]
SEM・SEOとは?
SEM・SEO基礎

[SEO]
SEO対策日記
検索エンジン最適化コラム
 - UserAgentスパム
SEO強化ブログ

[PPC広告/ディレクトリ登録]
オーバーチュア広告
オーバーチュア&アドワーズの無料診断
SEMコラム
 - ディレクトリの壁

全国セミナー開催
セミナー講演依頼募集
 全国講師派遣承ります。

[その他]
用語集総合目次
SEMコンサルティング
PPCコンサルティング
書籍発売


不許複製・禁無断転載

[PR]


2017/March/28



【目次】検索エンジンの使われ方

消費者は検索結果に満足できない時は検索結果の1ページ程度で読むのを切り上げてしまいます。では、検索結果の1ページめに表示されなければダメなのかというと、実際はそうでもありません。

消費者に検索結果は何ページぐらいまで見るかを尋ねたところ、平均すると4.6ページとなりました。



検索結果のページを見ていって2ページ目ぐらいに探していたホームページを最初に見つけ、さらに2〜3ページぐらい先まで検索結果を見る、というのが平均的なパターンだと考えられます。
ここで特徴的なことは、7ページ以上の検索結果を見る人が24%もいるということです。検索語に満足した場合は消費者はじっくりと検索結果ページを読んでいることが窺えます。





サイトマップ|(C)2013 NTT DATA Smart Sourcing
検索エンジンマーケティングリスティング広告(無料診断)|SEM/SEO講座ユーザビリティネットショップ開業オンラインショップ運営講座
ショッピングカート(ショップギア®)|クレジットカード決済仕入れ/のブログ買いパラ®|アクセス解析
買いパラ研究室之印