SEO事例
ピンポイントで狙う「一本釣り」作戦

[共通]
SEM・SEOとは?
SEM・SEO基礎

[SEO]
SEO対策日記
検索エンジン最適化コラム
 - UserAgentスパム
SEO強化ブログ

[PPC広告/ディレクトリ登録]
オーバーチュア広告
オーバーチュア&アドワーズの無料診断
SEMコラム
 - ディレクトリの壁

全国セミナー開催
セミナー講演依頼募集
 全国講師派遣承ります。

[その他]
用語集総合目次
SEMコンサルティング
PPCコンサルティング
書籍発売


不許複製・禁無断転載

[PR]


2017/July/21



【目次】SEO対策日記

最近、Google様の動きがありません。サボっていると思われるのも心外なので(笑)、ほかのオンラインショップさんのSEO事例を幾つかご紹介したいと思います。

これらの話はオンラインショップさんから直接伺った話です。そのため、営業秘密の観点から実際の商材等については仮称(例えば最初の「自転車」販売は、実際には「自転車」ではありません)を用いていますので予めご了承下さい。

※ここで紹介している事例は、ピンポイントで狙う「一本釣り」作戦の成功例です。「一本釣り」作戦とは、買う気になっている消費者が「自転車 ポケモン」とか「鍋 ルクルーゼ」とか固有名詞で検索してくるところを刈り取ってしまう方法です。検索時のキーワードが固有名詞であったり複数キーワードで絞り込まれたりしているので、検索結果のヒット件数は数百から数千程度です。したがって比較的簡単に上位表示が可能であるにもかかわらず、商品やサービスを販売するための破壊力は抜群です。

ちなみに、「一本釣り」作戦の対極は「投げ網」作戦で、「自転車」や「鍋」などの一般名称で上位表示を狙います。これらの単語で検索する人は大変に多いので広範囲に広告宣伝が可能ですが、この「投げ網」作戦では上位表示されるのが難しいという欠点があります。

(20030801追記)



自転車販売

ある自転車屋さんはインターネットだけで月商2百万円を超えています。

ここに至る上で最もインパクトの大きかった出来事は、何気なく見ていた「アクセス分析」結果にありました。
そこでは、検索エンジンGoogleから大量にお客さんがHPを訪問していました。典型的な検索キーワードは「自転車 ポケモン ブリジストン」で、確かに最近はブリジストン社のポケモン自転車(架空の商品です。多分、実在しません。)がよく売れています。
さらに分析してみると、どうやらお祖父さんやお祖母さんが孫の小学校入学祝にプレゼントしている様なのです。

この自転車屋さんはSEOの知識はありませんでしたが、偶然に、商品HPに「自転車 ポケモン ブリジストン」のキーワードを全て表示していました。それが幸運だったのです。(Googleでは検索キーワードの1つでも掲載されていないHPは検索結果に表示されません。)

人気のある「ポケモン」というキーワードは検索結果に15万件以上がヒットし、とてもではありませんが上位表示は無理です。しかし、プレゼントの指名買いのような場合には「ブリジストン」のようなメーカ名を入れることが多くあります。実際に、「自転車 ポケモン ブリジストン」というキーワードでは競合の自転車販売店は一件もヒットしませんでした。

競合の自転車販売店がSEOに気づかないことを祈りながら、同時に自ショップのSEO技術を磨いている今日この頃です。


金属加工販売

ある金属加工販売メーカはインターネットで月商5百万円を超えています。

商品の用途は主に大学や研究機関の実験素材です。

従来は専門商社を通じての販売が100%でしたが、インターネットでの直販を始めてから徐々に直接の購入依頼が増えてきました。最終消費者である研究機関等が経費節減を徹底させているためだと思われます。

このショップはアクセス分析機能を持っていませんでしたが、何人かの顧客に「どこでネット通販を知りましたか?」と聞いてみたところ全員が「検索エンジンで」と答えました。そこでネットを色々と調べてSEO(検索エンジン最適化技法)なるものがあることを知り、セミナーに参加するとともに独力でSEOを行って来ました。

当然、競合他社のSEO具合をいつもチェックしているのですが、どうやら最近になってSEOの重要性に気づいた競争相手のうちの1社が検索エンジンの上位に顔を出すようになりました。今後、SEOの認知度が上がるとともに、より多くの競合会社がSEO対策を強化すると考えられます。

SEOは広告宣伝として圧倒的な威力があります。しかし、それはSEO対策をしていない競合ショップに対する比較優位でしかありません。SEOも万能では無いのです。Googleの検索結果で上位10番以内に入ったとしても、残りの9ショップとはSEO以外の部分で戦う必要があります。

このショップは賢明なことに、次の手段を模索していました。
つまり、金属加工をしている工程をストリーミング動画としてHPにアップし、商品の品質の良さをアピールしようとするものです。未だ購入したことの無い消費者に対して品質をアピールする点では広義の広告宣伝活動とも言えますが、訪問客に対して「逃がさずその場で商品を買わせる」という視点から「ホームページ」成功要因と捉えた方が自然です。とにかく、いずれにしても、販売力アップの効果は十分期待できるでしょう。

このようにSEOが成功したとしても、それは「障害物」の1つをクリアしたに過ぎません。オンラインショップ成功のためには、次の障害物を除去するという更なる精進が必要です。


(2003年06月09日)





サイトマップ|(C)2013 NTT DATA Smart Sourcing
検索エンジンマーケティングリスティング広告(無料診断)|SEM/SEO講座ユーザビリティネットショップ開業オンラインショップ運営講座
ショッピングカート(ショップギア®)|クレジットカード決済仕入れ/のブログ買いパラ®|アクセス解析
買いパラ研究室之印